<< アカシジミ大発生で住民絶句/弘... オオムラサキ:350匹が一斉に... >>

オオルリシジミ違法採取か 安曇野で2人が幼虫の食草切り取る

(信濃毎日新聞 2011/07/07)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110708/KT110707FTI090012000.html

==========================================

 環境省と県が絶滅危惧種に指定したチョウ「オオルリシジミ」が生息する安曇野市内の国有地で6月、男性2人がオオルリシジミの幼虫が食べる植物クララを切り取っているところを近くの男性(35)が見つけ、7日までに国や県、安曇野署に通報した。関係者らは、2人がクララごと幼虫を採取していた可能性が高いとみている。

 県希少野生動植物保護条例はオオルリシジミの無許可採取を禁じており、違反した場合は30万円以下の罰金。

 男性が2人を見つけたのは、6月26日午前11時ごろ。国有地の草むらにいたところを呼び止め、「オオルリシジミを捕っているのか」と聞いたところ、2人は「(希少種ではない)ルリシジミだ」と答えたという。男性が「警察に通報する」と言うと、2人は「それは勘弁してほしい」と言い、尾張小牧ナンバーの車で走り去った。

 男性は走り去る前に2人の了解を得て車の荷室を撮影。クララとみられる草や虫かごなどが写っていた。県自然保護課は「状況からしてオオルリシジミの違法採取としか考えられない」と話している。

 オオルリシジミは、本州では安曇野、東御、飯山市でしか確認されていない。安曇野市では、有志の保護対策会議が県条例に基づく保護回復事業計画の認定を受けて繁殖に取り組み、今春、自然羽化が確認されたばかりだ。

 6月29日にクララ20本ほどが鋭利な刃物で切り取られた跡を確認したという同会議代表の那須野雅好さん(51)は「これまでも何度か被害に遭ってきた。大変残念だ」とし、国有地管理の担当者は「どういう対応が可能なのか検討したい」と話している。
a0204701_143595.jpg

==========================================

とうとう悲しい報道を紹介することになってしまいました。
ムシ屋にも色々いますが、なんとも恥ずかしい輩です。管理人も偉そうなことは言えないけどさ。
記事の画像は、長野県在住のHさんから情報提供いただきました。いつもありがとうございます。
尾張小牧ナンバー荷台の生々しい画像が掲載されています。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-08 00:56 | シジミチョウ科
<< アカシジミ大発生で住民絶句/弘... オオムラサキ:350匹が一斉に... >>