<< クロツバメシジミ:準絶滅危惧種... 石垣市自然環境保全条例に基づく... >>

ミヤマシジミ乱舞 例年より早く一斉羽化

(2015/06/02 長野日報)

==========================================
駒ケ根市中沢永見山の住民が保護に取り組む絶滅危惧種のチョウ、ミヤマシジミが例年より1週間ほど早く羽化し、幼虫の食草コマツナギ周辺を乱舞している。自宅横で食草を増やしている北原光明さん(74)は1日までにチョウ約50頭を確認。「今年はびっくりするぐらい一斉に羽化した」と驚いている。

 北原さんによると、永見山のミヤマシジミは年3回、羽化と産卵を繰り返す。今飛んでいるのは昨秋、親が食草に生み付けた卵が越冬して今春幼虫、サナギ、成虫になった個体。昨年は6月2日に成虫を確認以降、頭数は10日ごろがピークとなったが、今年は5月26日に初確認後、既に最盛期を迎えている。

 ミヤマシジミは12年に環境省レッドリストで絶滅危惧IB類に指定された希少種。北原さんを含む地元の「ふる里再生・水車を楽しむ会」が、信大付属教育施設の自然繁殖に取り組む様子を紹介した11年の本紙記事をきっかけに保護活動を始めた。

 北原さんは「最近は写真撮影の愛好者が増えた。チョウは早朝と夕方、食草にとまってじっとしているのでシャッターチャンスかもしれません」と話していた。

http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=34333

==========================================
おっと、これは急がねば、、
伊南地区での保護活動の成果が着実に表れてますね。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2015-06-02 13:37 | シジミチョウ科
<< クロツバメシジミ:準絶滅危惧種... 石垣市自然環境保全条例に基づく... >>