<< 慰霊式:「むしの日」前に児童ら... ミヤマシジミ乱舞 例年より早く... >>

クロツバメシジミ:準絶滅危惧種、生態学んで保護活動 今治・岡村小の児童3人

(2015/06/04 毎日新聞 地方)

==========================================

環境省が準絶滅危惧種(将来的に絶滅する危険性がある)に指定する小さなチョウ「クロツバメシジミ」が生息する今治市沖の岡村島で、市立岡村小の全校児童3人が生態を学びながら保護活動を行った。

 クロツバメシジミの生態に詳しい同島の元郵便局長、舩越清忠さん(66)の指導で、幼虫の餌になるツメレンゲの観察と種まきをした。校庭で冬を越した葉の裏には幼虫が食べた跡がところどころ残り、「どこに食べた跡があるか探そう」と3人に呼び掛けた。

 3人は12月、クロツバメシジミの保護について学んだことを地域の人たちに報告する予定で、「これからもツメレンゲの水やりをみんなで続けたい」(5年・須賀大翔(まさと)君)、「まだ知らなかったことをもっと知りたい」(4年・橋本涼君)、「食べた跡で幼虫も頑張ってるんだと分かった」(3年・村上はるさん)と、それぞれに身近に感じた様子だった。

 クロツバメシジミは羽を広げた長さが3センチほど。本州や四国、九州の人家の周辺や山地に局地的にすみ、岡村島では同校を中心に島を挙げた保護活動が1992年から続く。【松倉展人】


http://mainichi.jp/area/ehime/news/20150604ddlk38040706000c.html
==========================================
瀬戸内海のクロツバメ、、海に近いのでしょうか。どんな環境か想像できません。
これからも守ってほしいです。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2015-06-04 13:41 | シジミチョウ科
<< 慰霊式:「むしの日」前に児童ら... ミヤマシジミ乱舞 例年より早く... >>