<< 西表島の全域が国立公園に。特別... クロツバメシジミ:準絶滅危惧種... >>

慰霊式:「むしの日」前に児童らが 北杜 /山梨

(2015/06/04 毎日新聞 地方)


==========================================
6月4日の「むしの日」を前に、北杜市の学習施設「オオムラサキセンター」(同市長坂町富岡)で3日、飼育中に死んだ虫などの命を弔う慰霊式が行われた。学校でも国蝶(こくちょう)「オオムラサキ」を飼育している地元、長坂小3年の児童約60人が参列した。

 虫の生態などを学べる同施設では、3年前から市民らが飼育中に死んでしまったり、寿命を迎えたチョウやカブトムシなどの昆虫を慰霊し、敷地内の「蟲塚(むしづか)」に埋葬している。

 この日は、同市にある身曽岐神社の神職が祝詞をあげ、同校児童の代表2人が玉串をささげた。その後、代表の児童は死んだオオムラサキやカブトムシが納められた木箱を蟲塚まで運び、手を合わせていた。

 同館の跡部治賢館長は「子どもたちが虫と触れ合う機会が減った。昆虫に関心を持ち、命の大切さを学んでほしい」。代表を務めた同校の野沢千乃さん(8)は「虫は飛び回るので少し苦手だけれど、大切な命。死んでしまった虫はゆっくり休んで」と冥福を祈っていた。【藤河匠】

http://mainichi.jp/edu/news/20150604ddlk19100024000c.html
==========================================
むしに向き合うことは、おのずと命を考えることになりますね。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2015-06-04 13:47 | 博物館
<< 西表島の全域が国立公園に。特別... クロツバメシジミ:準絶滅危惧種... >>