カテゴリ:バラエティ( 29 )

希少チョウ3種:同じ日にさ撮影! 米軍ヘリパッド予定地

(2014/09/30 毎日新聞(琉球新報))
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20140930rky00m040003000c.html
==========================================
 【東】米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設計画の新設予定地N1地区近くの東村高江で、日本鱗翅学会自然保護委員の宮城秋乃さんが25日、準絶滅危惧種の希少なチョウ3種を撮影した。宮城さんは「3種類が同じ日に撮影できるのは珍しい」と自然の豊かさを強調した。

 N1近くで見つかったのは、リュウキュウウラナミジャノメとリュウキュウウラボシシジミ、イワカワシジミの3種。

 宮城さんはリュウキュウウラナミジャノメをN1近くで約30匹がまとまって生息しているのを確認した。リュウキュウウラボシシジミはN1近くでの確認は初めて。

 高江区内を流れる新川川近くの森では、ウラボシシジミの幼虫やサナギなど30匹近くを確認した。

 高江ではN4のヘリパッド2カ所が既に完成しており米軍への提供後は訓練に使用される可能性がある。N1では2カ所のヘリパッド新設工事が近く開始予定。伐採や切り土、盛り土などを行い建設する計画となっている。

 宮城さんは「高江は希少なチョウの宝庫だ。工事で森が破壊されれば影響があるかもしれない」と懸念した。

==========================================
管理人は、ウラボシシジミ以外には会ったことないんですよね。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2014-09-30 21:31 | バラエティ

市が「うつのみやの自然」パンフ作製 自然環境調査受け初めて

(下野新聞 2011/08/29)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20110828/598070
==========================================

【宇都宮】市が2009、10年度にかけて実施した自然環境調査の結果がまとまり、南方系のチョウ類が10年前より多くの地点で確認された。市環境保全課は「地球温暖化が関係している可能性がある」と分析。また今回初めて河内、上河内地域を調査したほか、市民に広く知ってもらおうと、動植物の生息状況などをまとめたパンフレット「うつのみやの自然」を作製した。

 この調査はこれまで1990・91年度、99・2000年度に行っており、今回で3回目。前回調査と環境の変化を比較し、今後の自然環境保全に役立てることなどが目的。

 専門業者による委託調査で、市内34地点を選び、大学教授、地元の保護活動団体とともに、植物、哺乳類、鳥類、魚類、昆虫類などを採取し、種を特定した。その数は計3363種(植物1287種、動物2076種)。

 天然記念物や「環境省レッドリスト」掲載種などの重要種(植物84種、動物104種)は「植物の生育環境には大きな変化はみられなかった」(同課)。動物の重要種は、人による採集などの影響でチョウのシルビアシジミ、ミヤマシジミの生息が脅かされていることが分かった。

 河内、上河内地域は「豊かな自然環境が維持されていることから、多くの種が確認された」(同課)という。

 パンフレットはA4判、6ページ。地域ごとの重要種や、保全が望まれる「鬼怒川上小倉・下小倉周辺の河川敷」など12地点などを紹介する内容。1万5千部を本庁舎や各地区市民センターなどで配布するほか、市のホームページでもダウンロードできるようにする。

==========================================

ホームページの方も探しましたが、まだみつかりませんでした。拝読したいです。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-29 12:35 | バラエティ

東日本大震災:チョウに触り笑顔 伊丹市社協、宮城の小中生40人招待 /兵庫

(毎日新聞 2011/08/20)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110820ddlk28040240000c.html
==========================================

 東日本大震災で被災した宮城県岩沼、名取両市の小学4年~中学3年の児童・生徒40人が19日、伊丹市に到着した。仙台空港のある両市と災害時の協力協定を結んでいる縁で、伊丹市社会福祉協議会が中心になって招き、この日は市昆虫館などを訪れた。21日まで市内の一般民家にホームステイし、大阪市の米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」などを回る予定。

 昆虫館では子どもたちが14種類約1000匹のチョウが飼われている温室内に羽化したばかりのチョウを放ったり、館内で飼育されているカブトムシなどを見て大喜びだった。

 名取市の自宅が津波で流され、家族で仮設住宅に暮らしているという小学4年の森祐稀君(9)は「毎年蛾の幼虫を捕まえていた畑が、津波でなくなってしまった。今日は、チョウに触ることができて楽しかった」と話していた。【山田毅】

==========================================

USJとどっちが人気かな・・(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-20 12:40 | バラエティ

トンボの世界は秋

(朝日新聞 2011/08/20)
http://mytown.asahi.com/kochi/news.php?k_id=40000001108200002
==========================================

a0204701_1237282.jpg 四万十市具同のトンボ自然公園で、アカトンボの仲間「マユタテアカネ」の雄が早くも腹部を真っ赤に変身させている=写真。同公園はここ数日で秋めき、森林内に入ると心地よい風が吹いている。

 トンボと自然を考える会常務理事の杉村光俊さんによると、もうすぐ主役が夏のチョウトンボからアカトンボの仲間に交代するという。

 アカトンボの仲間の雄は繁殖期の秋になるとオレンジ色から赤くなり、一人前になったことを誇示する。マユタテアカネの雄は同公園内の池で6月中旬に羽化し、林の中で過ごした後、池の近くに戻って雌を待っている。(菊池均)

==========================================

四万十のトンボ公園は、むかーしに行ったことありんす。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-20 12:34 | バラエティ

記念切手「自然との共生シリーズ 第1集~日本の希少野生動植物~」にオオルリシジミ

==========================================

オオルリシジミの絵柄の記念切手が発行されることになりました。
8月23日発売です。
ブルースの絵柄の切手って今まであったでしょうかね?日本では、珍しいと思います。
しかし、シートでの購入は、悩むなあ。

記念の風景印が東御市や九重町の郵便局などでつくられたりするのでしょうか?

(by parnassus7)

特殊切手
「自然との共生シリーズ 第1集~日本の希少野生動植物~」の発行
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2011/h230823_t.html
a0204701_1930374.jpg


==========================================
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-19 15:48 | バラエティ

歌集:宮崎市の海老原さん「ギョボクの森」出版 植樹続け短歌創作 /宮崎

(毎日新聞 2011/08/18)
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20110818ddlk45040458000c.html

==========================================

◇10年間の414首「出会いや自然詠む」
 主に熱帯アジアに分布する木、ギョボクを植える活動を続けてきた海老原秀夫さん(94)=宮崎市桜ケ丘町=が、今年3月までの10年間に書きためた短歌414首をまとめ、歌集「ギョボクの森」を出版した。

 日南市出身。16年前に鹿児島県・屋久島で出合った南方系の大型チョウ「ツマベニチョウ」に魅せられ、チョウが好むギョボクの木を日南市を中心に計17カ所で約1300本植えてきた。

 64歳から短歌を書き始め、前回歌集を出版してから10年たったのを機に2作目の出版を思い立った。「心象を歌うのではなく、出かけた先で出会った人や自然を歌った歌が多い」と話し、うち41首はギョボクやツマベニチョウにまつわる作品。

 お気に入りは<たづねくるに見せむと飼ひし褄紅蝶(つまべにちょう)羽化は六日後むいかのあやめ>

 海老原さんがツマベニチョウの短歌をよく詠むので、興味を持った福岡、長崎県の短歌仲間7人が09年5月、宮崎市に遊びに来たという。張り切ってサナギを用意したが、滞在中は羽化せず、帰って6日後にやっと羽化。「時節遅れをいう『六日のあやめ、十日の菊』のことわざ通りになってしまった」と笑う。

 ほかに<つつがなく青海チベットの旅を終ふ九十一歳まだまだいける>と長女とのチベット旅行を詠んだり、<一に富士山二に宮之浦岳三大山のぼりし山のうれしさの順>と70歳から始めた山登りの楽しさを詠んだ歌も。昨年11月に足を痛めてからは遠出することは少なくなったが、読者から手紙や電話で歌集の感想を聞くのが一番の楽しみだという。「嘆き節はない。老いてなお喜びあることを感じてもらえたら」と話す。

 定価2500円、問い合わせは江南書房0985・54・3714。【川上珠実】

==========================================

つまべにてふは、宮崎にもいるんですか。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-18 12:36 | バラエティ

【自然しらべ2011】チョウの分布 今・昔~幼虫の食草からチョウ探し~

(読売新聞 2011/08/11)
http://hokuriku.yomiuri.co.jp/hoksub1/isikawa/ho_s1_11081101.htm

==========================================

a0204701_1233728.jpg 日本自然保護協会(NACS―J)と読売新聞東京本社は、市民参加型の環境教育プログラム「自然しらべ2011 チョウの分布 今・昔」を始めた。身近で観察しやすいチョウを通じて、地球温暖化の影響や自然の変化を探っていく。寄せられた情報は専門家が分析し、読売新聞紙上などで発表する。

 チョウの幼虫が食べる植物は種ごとに決まっており、食草や食樹と呼ばれる。目当てのチョウと出合う早道は食草・食樹を見つけることだ。植物に詳しい日本自然保護協会の広瀬光子さん(37)に一日弟子入りし、コツを伝授してもらった。

  広瀬さんが食草・食樹探しの練習にぴったりと指定したのが、東京・新宿御苑。都会のど真ん中だけれど、多くの種があるのだという。

「クスノキはしょうのう(防虫などに使用)に似た香りが特徴。見た目だけでなく、香りやにおいもヒントになります」。広瀬さんが濃い緑の葉を引き寄せて言った。クスノキは「自然しらべ」の対象種アオスジアゲハの食樹だ。

a0204701_12332245.jpg  次に見つけたのはエノキの幼木。国蝶とされるオオムラサキやゴマダラチョウなどの食樹だ。ただ、すぐ近くにあるムクノキと地面からの生え方や枝ぶりがそっくり。「両者は大きくなると違いがはっきりしますが、若い木は判断しづらいこともあります。そんな時は葉っぱを触ってみましょう」と広瀬さん。

  エノキの葉にチョウが止まった。ゴマダラチョウに似ているが、ちょっと違う。葉の裏に産卵し始めた瞬間、ゴマダラチョウにはない羽の赤い斑点がのぞいた。外来種のアカボシゴマダラだった。広瀬さんも都内で見たのは初めてという。(地方部・宮沢輝夫)

==========================================

広瀬さん、きれいくない~?日本自然保護協会のアイドルでせうか??(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-11 12:31 | バラエティ

壁画:「小豆島芸術家村」滞在の佐藤さん、農機具小屋に /香川

(毎日新聞 2011/08/10)
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20110810ddlk37040501000c.html
==========================================

 小豆島町蒲野の「小豆島芸術家村」に4月から滞在して制作活動を続けている佐藤隼さん(27)が9日、同町中山の農機具小屋に環境省の「準絶滅危惧種」に指定されている国蝶(チョウ)「オオムラサキ」やホタルなどの動物や昆虫を描いた壁画(高さ約3・5メートル、横約4メートル)を完成させた。

 壁画があるのは「中山ホタルの里」近くでホタル保護に取り組む「一粒の種」で代表を務める亘和彦さんの兄が所有する小屋。

 昆虫をテーマに作品作りを行う佐藤さんは、6月初めごろからほぼ毎日ホタルを見に来ていた。その時に出会った亘さんが、子どもたちに自然やふるさとを大切に思う心を養ってもらいたいという思いに共感。大学の同級生で、岡山県の中学校で美術を教えている杉裕貴紀さん(26)も協力した。

 亘さんは今年、オオムラサキの羽化に成功しており、青紫色の羽を広げ里山を飛んだ様子を思い出した。その際、オオムラサキの羽がステンドグラスのように見えたことから壁画もステンドグラス調に仕上げた。【秋長律子】


==========================================

写真がみてみたいものです。できれば実物をですが(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-10 12:45 | バラエティ

7月24日付・夏のチョウ

(四国新聞社 2011/07/24)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/column/20110724000101

==========================================

メールで記事を紹介印刷する一覧へ きょうは作家、芥川龍之介の命日・河童(かっぱ)忌、我鬼忌である。同日午後2時から高松市昭和町、サンクリスタル高松3階の視聴覚ホールで、瀬戸フィルハーモニー交響楽団による追悼コンサートも催される。

 龍之介の句に「蝶(ちょう)の舌ゼンマイに似る暑さかな」がある。チョウがゼンマイ状の口器を、せわしく伸ばして花の蜜を吸う。いかにも暑そうだ。これも作家の、一つの観察である。夏休みの子どもたちにとっても、昆虫を通して自然を知る好機。

 「蝶は自然の最も美しい装飾の一つ」と言ったのは、昆虫遺伝学者の大町文衛博士である。最近、高松市中央公園でも、アオスジアゲハの飛翔(ひしょう)を見かけた。黒地に青緑色の彩りは夏向きのデザインだ。「蝶の幼虫は菜食家」という大町博士の指摘のように、アオスジアゲハも、クスノキ、タブノキの葉を食べて成長。

 出嶋利明さん(瀬戸内むしの会会長)の著書「里山昆虫記―さぬきの里・山・池」(HSK)によると、アオスジアゲハが「都市部でもよく見られるのは、街路樹として植えられたクスノキで発生しているからだ」という。香川では特にクスノキが多い。中央公園にもクスノキ並木がある。

 カラスアゲハなどが水たまりで、吸水している姿にも出くわす。子どものころ、オシッコをしておくと、よく集まる、とも教わった。塩分補給のためで、アンモニア臭も効果的。

 チョウの道を見極めての、捕獲法もある。小さな虫の命から、大自然を知ることは重要である。(N)

==========================================

新聞のコラム記事のようですが、筆者は、最近チョウの美に気付いたネイチャリスト初心者か(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-24 12:42 | バラエティ

チョウと遊び、自然を学ぶ 軽井沢の住民団体が開催

(信濃毎日新聞 2011/07/17)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110717/KT110716SJI090006000.html

==========================================

a0204701_12511520.jpg 環境保全に取り組む北佐久郡軽井沢町の住民団体「軽井沢サクラソウ会議」は16日、町内に生息するチョウの観察会「チョウと遊ぼう」を開いた。町内の親子連れなど33人が参加。虫捕り網と虫かごを手に飛び回るチョウを追い掛け、種類や保護の方法について学んだ。

 軽井沢町の中でも多くのチョウが生息しているという発地(ほっち)地区の草原地帯や森の周辺で観察。モンシロチョウやモンキチョウの姿を見つけると、子どもも大人も全速力で追い掛け、網で捕まえた。

 講師は同町長倉のチョウ愛好家、栗岩竜雄さん(46)が務めた。参加者が捕まえたチョウを示しながら「スジグロチョウの雄の羽はレモンのような匂いがする」などと特徴を紹介。参加した子どもは「いろいろなチョウが見られて楽しい」と喜んでいた。

 栗岩さんは自らの調査を基に、約30年前に比べ町内のチョウの種類が130から110に減っていると指摘。「幼虫が好きな食べ物や環境を知ることがチョウの保護につながる」と強調した。

 観察は、同団体が2008年から続けている活動「軽井沢ふるさと探検隊」の一環。外来植物の天ぷら食事会や町内を流れる湯川の散策などを通し、自然に触れている。同団体は「次世代を担う子どもたちにこそ、今の自然を知ってほしい」としている。

==========================================

栗岩さん、チョウの生態写真では以前からお名前を拝見しています。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-17 12:49 | バラエティ