カテゴリ:ジャノメチョウ亜科( 2 )

ベニヒカゲ浜松で確認 東北―中部生息の高山チョウ

(静岡新聞 2011/10/13)
http://www.at-s.com/news/detail/100068266.html

==========================================

 主に東北―中部地方の標高1500メートル以上の高山に生息するとされるチョウ「ベニヒカゲ」が浜松市天竜区水窪町の山間部に生息していることが、11日までに同市の調査で分かった。南限ではこれまで大無間山(静岡市・川根本町、2329メートル)で報告されていた。今回の確認場所は同山の緯度に近いことから、担当者は「浜松市の生息地も限りなく南限に当たるのでは」と話している。
 確認地は同町奥領家の白倉川源流に近い中ノ尾根山(2296メートル)の山頂西側の急斜面。県内の一部研究者や愛好家の間では以前から生息が知られていたが、8月中旬、市動物園の職員らが現地を訪れ確認した。斜面には相当数が飛び交っていたという。
 ベニヒカゲは羽を広げた状態の幅が約4〜5センチ。羽は焦げ茶色で、だいだい色の斑紋がある。幼虫の状態で冬を越し、7月下旬から8月下旬にかけて羽化した後は10〜14日程度で寿命を迎える。このため現在は成虫は観察できないという。
 生息地は国有林内で、林道に入るには天竜森林管理署の許可がいるほか、落石の恐れもあるという。このため市は「入山には万全の準備を」と注意を促している。
 調査で採集したベニヒカゲは同市西区舘山寺町の市動物園<電053(487)1122>内のこんちゅう館で展示されている。

==========================================

うれしいニュースですね。ぜひ、当地にて撮影したいですね。
しっかし、新聞に載って、今後採集圧がすっごく心配なんですけど、、、チョウ屋のモラルを問いたい(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-10-13 23:42 | ジャノメチョウ亜科

国蝶オオムラサキ、次々と羽化 奈良

(産経ニュース 2011/06/23)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110623/art11062322000004-n1.htm

==========================================

a0204701_12444023.jpg 環境省のレッドデータブックで「準絶滅危惧種」に指定されている国蝶のオオムラサキが、奈良県橿原市の「橿原市昆虫館」で次々と羽化し、優雅な羽を広げて舞っている。

 メスは羽全体が黒っぽく地味だが、オスは羽の根元付近が紫がかっているのが特徴。名前の通り羽は大きく、広げると10センチ程度もある。同館によると、山間部に生息することが多く、平野部で見かけることは珍しい。

 同館では現在、20匹ほどが羽化し、残る幼虫は30匹ほど。今月中には、すべて羽化が終わるという。

==========================================

(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-23 12:43 | ジャノメチョウ亜科