タグ:イベント ( 30 ) タグの人気記事

北杜夫さんの昆虫標本を紹介

(中國新聞 2011/08/31)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201108310010.html
==========================================

a0204701_1243130.jpg 作家北杜夫さん(84)の「どくとるマンボウ昆虫記」発刊50周年を記念した展示会が、福山市霞町の市中央図書館で開かれている。北さんが採集した昆虫の標本などを紹介している。9月12日まで。

 昆虫記に登場するクワガタやトンボなどの標本箱10箱を展示。黒色の羽に赤や青の模様が入った鮮やかなチョウなども飾っている。昆虫記を掲載した週刊誌や北さんが幼少期に読んだ図鑑なども展示している。

 北さんは、歌人斎藤茂吉の次男。1961年、昆虫好きだった少年時代や昆虫についてつづった昆虫記を出版した。

==========================================

昆虫少年作家の先駆け的存在の北さん。好きです!(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-31 12:41 | 企画展・展示会

珍しい昆虫ずらり 25日まで「標本展」 甲州市民文化会館

(山梨日日新聞 2011/08/19)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2011/08/19/11.html

==========================================

a0204701_12333259.jpg甲州市教委は25日まで、同市民文化会館歴史民俗資料室で特別展「昆虫標本展」を開いている。

 同展では、同市塩山上於曽の故・加藤孝夫さんが1948年から約60年にわたって収集し、2008年に同市に寄贈された標本72ケースを展示。

 国蝶(こくちょう)のオオムラサキや宝石のように輝く羽を持つモルフォチョウなど国内外の珍しい昆虫の標本が並んでいる。塩山高1年の鈴木美智子さん(15)は「同じ種類のチョウでも少しずつ色合いが違っていてとても面白い」と話していた。

 時間は午前9時~午後5時。月曜休館。

==========================================

おお、夏の昆虫展が、まだまだ熱いですね~(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-19 12:33 | 企画展・展示会

企画展:四日市の自然紹介 昆虫など動植物展示--市文化会館 /三重

(毎日新聞 2011/08/18)
http://mainichi.jp/area/mie/news/20110818ddlk24040136000c.html

==========================================

 四日市市安島2の市文化会館で、企画展「四日市のすばらしき自然」が開かれている。

 企画展は、身近に存在する自然を紹介し、自然環境に対する理解を深めてもらうために開催した。展示には、トンボ研究家の石田昇三さん(80)や県立四日市西高自然研究会などが協力した。

 会場には、トンボやチョウ、セミなど8種類約3000匹の昆虫の標本をはじめ、植物や鳥などのパネル約50点など、同市や周辺に生息する生物や植物などを紹介している。中には、国の天然記念物のニホンカモシカの幼獣の剥製など珍しい展示もある。また、運がよければ、チョウが羽化する場面も観察できるという。

 担当者は「四日市には素晴らしい自然があることを知ってもらい、自然との共生を考えてほしい」と話している。無料。9月19日まで。【加藤新市】

==========================================

四日市、、行ってみたいと前々から思っていますが・・(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-18 12:27 | 企画展・展示会

世界の800種1200点、昆虫の世界 市博物館の夏休み特別展

(下野新聞 2011/08/16)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20110816/589121

==========================================

a0204701_12302979.jpg【小山】市博物館の夏休み特別展「小さな生命の輝き~知られざる昆虫の世界」が31日まで開かれている。

 展示しているのは日本各地、世界に生息するチョウ、カブトムシ、クワガタなど約800種1300点。世界一美しいチョウといわれる「ヘレナモルフォ」、世界一大きなカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」、日本一小さなクワガタ「マダラクワガタ」なども並び、夏休み中の子どもたちを喜ばせている。

 今回は、昆虫たちの美しさをより身近にダイナミックに感じてほしいと、標本箱から出してボードに並べる形で展示。また、チョウの幼虫は種類ごとに食べる植物の葉が決まっており、その植物がなくなると生きていけなくなることなどを説明し、昆虫と環境とのかかわりを紹介するコーナーも設けた。

 同博物館は、「昆虫の多様性や、身を守り命をつないでいくために持っている能力のすごさを感じてほしい。そして環境とのかかわりを考えるきっかけにしてもらえればうれしい」としている。

 月曜と26日休館。無料。問い合わせは同博物館電話0285・45・5331。

==========================================

全国で昆虫展が熱いですね。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-16 12:28 | 博物館

【自然しらべ2011】チョウの分布 今・昔~幼虫の食草からチョウ探し~

(読売新聞 2011/08/11)
http://hokuriku.yomiuri.co.jp/hoksub1/isikawa/ho_s1_11081101.htm

==========================================

a0204701_1233728.jpg 日本自然保護協会(NACS―J)と読売新聞東京本社は、市民参加型の環境教育プログラム「自然しらべ2011 チョウの分布 今・昔」を始めた。身近で観察しやすいチョウを通じて、地球温暖化の影響や自然の変化を探っていく。寄せられた情報は専門家が分析し、読売新聞紙上などで発表する。

 チョウの幼虫が食べる植物は種ごとに決まっており、食草や食樹と呼ばれる。目当てのチョウと出合う早道は食草・食樹を見つけることだ。植物に詳しい日本自然保護協会の広瀬光子さん(37)に一日弟子入りし、コツを伝授してもらった。

  広瀬さんが食草・食樹探しの練習にぴったりと指定したのが、東京・新宿御苑。都会のど真ん中だけれど、多くの種があるのだという。

「クスノキはしょうのう(防虫などに使用)に似た香りが特徴。見た目だけでなく、香りやにおいもヒントになります」。広瀬さんが濃い緑の葉を引き寄せて言った。クスノキは「自然しらべ」の対象種アオスジアゲハの食樹だ。

a0204701_12332245.jpg  次に見つけたのはエノキの幼木。国蝶とされるオオムラサキやゴマダラチョウなどの食樹だ。ただ、すぐ近くにあるムクノキと地面からの生え方や枝ぶりがそっくり。「両者は大きくなると違いがはっきりしますが、若い木は判断しづらいこともあります。そんな時は葉っぱを触ってみましょう」と広瀬さん。

  エノキの葉にチョウが止まった。ゴマダラチョウに似ているが、ちょっと違う。葉の裏に産卵し始めた瞬間、ゴマダラチョウにはない羽の赤い斑点がのぞいた。外来種のアカボシゴマダラだった。広瀬さんも都内で見たのは初めてという。(地方部・宮沢輝夫)

==========================================

広瀬さん、きれいくない~?日本自然保護協会のアイドルでせうか??(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-11 12:31 | バラエティ

茂木のチョウや希少昆虫展示 道の駅もてぎで企画展

(下野新聞 2011/08/08)
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/central/motegi/news/20110808/583487

==========================================

a0204701_12401735.jpg【茂木】約3千点の昆虫標本を集めた企画展「チョウを科学する」が10日午前中まで、道の駅もてぎおもてなし館ギャラリーで開かれ、夏休みの子どもたちでにぎわっている。

 同展は、宇都宮市の防虫管理専門会社・帝装化成が企画して開催。同社は虫と共存できる環境やシステムづくりを目指し、鮎田地区に所有する里山の一画に昆虫自然園「アユタ」を整備し研究を続けている。展示は今年で4回目。

 同所で7年ほど前から生物調査を続けた成果を、国外で採取、購入した昆虫とともに42箱の標本として展示。「チョウ」「茂木町の希少昆虫」「茂木町鮎田の昆虫」「世界の昆虫」の4コーナーで構成されている。

 「チョウ」ではコノハチョウに代表される擬態や天敵から身を守るために羽に表れた目玉模様などを、解説と多くの標本で説明。町関連のコーナーでは、ゲンゴロウやヘイケボタルなど町内で採取したレッドデータブックとちぎ掲載の希少昆虫31種も展示している。

 家族4人で宇都宮市から訪れた30歳の主婦は「木の葉そっくりのチョウやガとの違いなどがよく分かり面白い」と話した。

==========================================

もっと長くやればいいのにね(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-08 12:37 | 企画展・展示会

深谷市立図書館で「夏休み昆虫展」を開催 埼玉 

(深谷市立図書館ホームページ)
http://www.lib.city.fukaya.saitama.jp/contents/info05.html

==========================================

深谷図書館では、「夏休み昆虫展」と題し、昆虫の標本や昆虫に関する本の展示を行います。
珍しい昆虫の標本もたくさん展示しますので、ぜひご覧ください。

  ◇期 間  8月6日(土) から 8月21日(日) まで
        午前9時~午後5時(図書館休館日を除く)
  ◇場 所  深谷市立図書館 3階 郷土資料展示室
  ◇入場料  無料

==========================================

明日から開催されます。
展示される標本は、あの「昆虫王」某氏コレクションだとか!?(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-05 21:33 | 企画展・展示会

夏休み特別昆虫展:川崎信用金庫本店できょうまで /神奈川

(毎日新聞 2011/08/50)
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110805ddlk14040212000c.html

==========================================

 川崎信用金庫本店(川崎市川崎区砂子2)で4日、「夏休み特別昆虫展」が始まった。職員有志で作る昆虫研究会の主催で、今年で11回目。1階ロビーに職員が作ったチョウの標本や、世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」などの珍しい昆虫が展示されている。虫かごから出して実際に触れられるとあって、同市幸区の南加瀬小5年、伊小萩(いこはぎ)了吾君(10)は「見たことのない昆虫に触れてうれしい」と笑顔を見せた。

 開催時間は午前9時~午後4時で、最終日の5日には先着30人の子供にオオクワガタなどがプレゼントされる。【高橋直純】


==========================================

今日までって新聞の内容はなかなかつらいっす(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-05 16:35 | 企画展・展示会

20センチ…世界最大級 ガの標本など紹介 日光で昆虫展

(東京新聞 2011/07/30)

==========================================

a0204701_21501536.jpg 日光だいや川公園緑の相談所で、世界各地のチョウやクワガタムシなどの標本と写真を紹介する「地球昆虫展」が来月十四日まで開かれている。

 羽を広げると二〇センチにもなる世界最大級のガや、羽の色が美しいブラジルの五種類のモルフォチョウなど珍しい標本も展示している。 (宮本斎)

==========================================

画像ではトリバネアゲハに対し「ヒメヒカゲ」の展示(ポスターなど画像か?)があるようですね。
シブイセレクトですね。そのへんがわかる来場者がどれくらいいるでしょうw(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-30 21:49 | 企画展・展示会

きれいにできるかな チョウの標本づくりに挑戦 北区

(産経新聞 2011/07/30)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110730/tky11073019460003-n1.htm

==========================================

a0204701_12411291.jpg 東京都北区赤羽西の区立赤羽文化センターで30日、チョウの標本づくり講座が開催され、児童23人とその保護者の計41人が熱心に取り組んだ。

 講師を務めたのは区内を中心に活動する愛好家グループ「チョウ一流CLUB」のメンバー。模型を使って、チョウを捕まえる練習などをした後、メンバーが用意したウスバシロチョウを使っての標本づくりが行われた。

 参加した児童たちは、羽の鱗(りん)粉(ぷん)を落とさないように注意しながらチョウを展(てん)翅(し)板という板に固定。細かい作業だったが、楽しんでいた。

==========================================

講師の先生がきれいなんですけど、、オイラにも教えてほすい!(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-30 12:38 | 博物館