タグ:ウスイロヒョウモンモドキ ( 3 ) タグの人気記事

絶滅危機のチョウ 国内最大規模の生息地で観察会

(神戸新聞 2011/07/12)
http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/0004262794.shtml

==========================================

a0204701_1251974.jpg
 環境省が、最も絶滅の危険性の高い絶滅危惧1類に指定しているチョウ「ウスイロヒョウモンモドキ」。その国内最大規模の生息地であるハチ高原(養父市)で10日、観察会が開かれ、県内各地や東京、京都から希少種などに関心のある約70人が参加した。


 観察会は「兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会」の主催。このチョウは、20年ほど前までハチ高原でよく見られていた。近年、数が急減したことからチョウに関心の深い有志が生態を調査。同高原では、草刈りの場所や時期を調整したり、卵が産み付けられるオミナエシも保全したりして数が回復し、現在は4千匹あまりが確認できる。しかし国内では鳥取や岡山、島根県の一部に生息するのみという。

 同会が8年前から開く観察会ではまず、ウスイロ‐の生態から、森林、湿地、草原の植物が混在するハチ高原の植物などについて講義を受け、その後、生息地である高丸山へ。スキー場の勾配を30分ほど歩いてたどり着いた山頂付近では、黄と黒色をした体長4~5センチのチョウが所々舞う。草花に止まってゆっくりと羽を動かす姿に、多くの参加者がカメラを向けていた。

 同会の近藤伸一さん=朝来市立脇=は「ウスイロ‐の成虫は白い花が好き。人の汗に反応し、時には腕に止まることもありますよ」と観察のこつを教えてくれた。今年は7月1日に初めて成虫が観察されたため、20日ごろまで見られるという。

(長嶺麻子)

==========================================

確実に保全されてほしいです(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-12 12:49 | タテハチョウ亜科

希少チョウ繁殖用ゲージ設置 新見・土橋地区 ウスイロヒョウモンモドキの天敵防ぐ

(山陽新聞 2011/06/26)
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2011062610170813

==========================================

a0204701_1250171.jpg 新見市土橋地区に生息する希少なチョウ「ウスイロヒョウモンモドキ」の保護に向け、倉敷芸術科学大の河辺誠一郎教授は25日までに、繁殖用のゲージを生息地(約3ヘクタール)の一角に設置した。卵が天敵に食べられるのを防ぎ、生息数の増加が期待される。

 ゲージは幅6メートル、奥行き11メートル、高さ5メートル。周囲を網で囲んでおり、卵を食べるクモやカエルの侵入を防ぐ。

 住民組織・土橋振興会が2003年から幼虫の食草・カノコソウの生育を妨げるススキを刈り取るなど保護活動に取り組んでいるが、チョウ100+ 件の個体数がなかなか増えないことから、河辺教授が発案。振興会の了解を得て今月上旬に設けた。

 18日に開かれたウスイロヒョウモンモドキの勉強会・観察会の後、高崎浩幸岡山理科大教授らが育てた5匹を放した。チョウ100+ 件はゲージ内を飛び回っていた。勉強会には市内外の約50人が参加。河辺教授らがチョウの特徴や減り続けている現状を説明し、今後の繁殖計画なども紹介した。


==========================================

卵段階での外圧を減らすのは、大いに効果があるでしょうね。河辺先生には、数年前の観察会でお世話になりました(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-26 12:49 | タテハチョウ亜科

絶滅危惧種のチョウを守れ 鳥取・佐治の住民ら保護活動

(朝日新聞 2011/06/11)
http://mytown.asahi.com/areanews/tottori/OSK201106100092.html

==========================================

a0204701_21331639.jpg 絶滅の危機に瀕(ひん)するチョウ「ウスイロヒョウモンモドキ」を守ろうと、鳥取市佐治町余戸地区の住民が、保護活動に取り組んでいる。草を刈ったり、見回りをしたりといった活動を通じて、住民が集まる機会が増え、集落に活気も生まれ始めた。7月はチョウが舞う季節。住民は観察会を計画し、集落外からも参加者を募っている。

 山あいにある45世帯の余戸集落から岡山県境に向かって約5キロ。標高800から900メートルの三原台地に、チョウは生息する。オミナエシやカノコソウに卵を産み、幼虫は葉を食べて育つ。

 県によると、生息数が激減しているのは、農業や生活様式の変化のため。三原台地はかつて、茅葺(かやぶ)き屋根の採草地で、良質なススキを採るために「山焼き」を1995年まで続けていた。だが、採草利用がなくなり山焼きが終わると、ススキが伸びて、低木林や雑草が増え、オミナエシは少なくなった。

a0204701_21333346.jpg 県から希少なチョウだと聞かされた住民らは2004年、「余戸地区ウスイロヒョウモンモドキ保護の会」(谷上正樹代表・40人)を設立。雑木や雑草の除去、ススキの刈り取りを定期的に行ってきた。当初は、ススキが2メートル近くあったが、今では、背丈が低くなり、オミナエシやカノコソウが増えたという。

 ただ、苦労も絶えない。三原台地までは、急な斜面を約1時間。作業も重労働だ。また、対象範囲が約20ヘクタールと広く、作業できているのは4ヘクタールのみ。事務局の田中寿彦さん(52)は「集落の住民だけでは守れない。たくさんの人の協力が必要」と話す。

 周辺は国定公園で、山菜採りが規制されているが、それでも、県外からウドやワラビなどを採りに来る人がいる。チョウの幼虫が踏み荒らされることを防ごうと、09年から山菜採り禁止の看板を立て、巡視活動もしている。

 チョウの保護活動を通じて、集落で定期的に会議をしたり、除草活動をしたりと、集まる機会も増えた。その結果、集落に活気が生まれ始めたという。田中豊朗(とよあき)さん(56)は「チョウが取り持つ縁。みんなで酒を酌み交わす機会が増えました」と笑う。

 保護の会を通じ、そばの生産から収穫、そば打ちまで楽しむ会「そば人の会」も発足した。井上俊太郎さん(62)も「チョウを誇りにしたい。子供たちにも残したい」と言う。

 保護の会は、7月17日に観察会を行う。今年は、除草作業などへの協力者を増やしたいと集落以外からも観察会の参加者を募集する。田中寿彦さんは「この集落と、チョウを知ってほしい。チョウと一緒に集落も飛躍したい」。観察会の問い合わせは、谷上代表(090・3889・1994)。(才本淳子)


==========================================

おっと、いよいよモドキ系の声を聞く季節になりましたね~。活動に感謝です(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-11 21:35 | タテハチョウ亜科