タグ:チョウセンアカシジミ ( 3 ) タグの人気記事

【自然しらべ2011】チョウの分布 今・昔~温暖化北へ広がる「すみか」~

(読売新聞 2011/08/18)
http://hokuriku.yomiuri.co.jp/hoksub1/toyama/ho_s1_11081801.htm

==========================================

a0204701_1223388.jpg 国内には絶滅の恐れがあるチョウもいる。1960年代以降の乱開発や農薬の影響など、原因は様々だ。「自然しらべ」では、チョウの保護についても考えよう。

  「1か月前は幼虫だったのに、チョウチョになって羽ばたく姿に感動した。この町にずっと棲んでいてほしいな」

  6月下旬、山形県川西町立大塚小3年の内谷桃花さん(8)が声を上げた。

  町には絶滅危惧種のシジミチョウの仲間チョウセンアカシジミが生息する。羽を広げた大きさ約4センチのチョウだ。同小の3年生は総合学習の一環で、地元の保護団体「チョウセンアカシジミを守る会 川西町」と一緒に年3回、観察記録や卵数調査など保護活動を行う。この日は、隣接する飯豊町立添川小の3年生も参加し、ルーペを手に羽化して間もないチョウの生態を約1時間調べた。

a0204701_12235610.jpg
幼虫が食べた跡が残るトネリコの葉にとまったチョウセンアカシジミ(山形県川西町で)

  守る会の相馬孝一郎代表(68)が計約50人の児童や教員らに、「幼虫が食べるトネリコの木は江戸時代、水路が崩れるのを防ぐために植えられた。稲を乾燥させるハセ掛けにも使われたが、40年ほど前に開発で約8割が切られてしまい、屋敷林の一部で細々と生き残ってきた」と説明した。

こうしたチョウセンアカシジミの保護は、同県内外の生息地で行われている。他の種でも東京・小笠原諸島でオガサワラシジミ、群馬・赤城山でヒメギフチョウなど、地域ぐるみの保護活動が盛んだ。
(地方部・宮沢輝夫)

==========================================

いいですね、地域ぐるみでの保護活動。増えるべし!(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-08-18 12:22 | 特集記事

宮古市 市指定天然記念物「チョウセンアカシジミ」の観察会を開催

a0204701_0185293.jpg宮古市指定天然記念物の「チョウセンアカシジミ」の観察会が、今年も下記の日程で開催されるとのことです。

まさに、震災、津波被害のあった地区と察しますが、そんな状況にかかわらず、いや、そんな状況であるからこそ、実施することにますますの意義があると思います。

かげながら、会の盛会と、関係者の方へのエールを送ります。(by parnassus7)

==========================================
■日時・集合場所
平成23年7月3日(日)11:30~13:00
宮古市立亀岳小学校に集合

■内 容
○市指定天然記念物「チョウセンアカシジミ」の生態について
 スライドで解説
 (「チョウセンアカシジミの会」代表 尾形洋一さん)
○チョウセンアカシジミを現地で観察。
   
■雨天の場合
屋外観察ができない場合もスライド解説・
記録映画の上映を行います。

■服装・持ち物など
雨具・長ぐつほか必要と思われるもの

■お問合せ:教育委員会文化課 〒028-2101 岩手県宮古市茂市第2地割112番地1 TEL:0193-62-2111 FAX:0193-72-2176

詳細 宮古市ホームページへ
==========================================
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-24 00:11 | シジミチョウ科

チョウセンアカシジミ、じっくり観察 川西の保護区で児童ら

(山形新聞 2011/06/21)
http://yamagata-np.jp/news/201106/21/kj_2011062101259.php
==========================================

a0204701_085763.jpg  県指定天然記念物で環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種に指定されている「チョウセンアカシジミ」の観察会が21日、川西町の大塚小近くの保護区で開かれた。町内の小学生らが貴重なチョウの生態を学んだ。

 保護活動に取り組む大塚小と、学区内に生息地域がある飯豊町添川小の児童計35人が合同で活動。食樹・トネリコの木の葉の上に止まる成虫を見つけると驚かせないよう気を付けながら、のぞき込むように観察し「いっぱいいる」「きれいだね」などと声を上げていた。大塚小3年の金子瑞希君(8)は「この前まで、小さい幼虫だったのに」と驚き、添川小3年の平山絵理さん(8)は「羽に丸い点々模様がある」とじっくり見ていた。

 「チョウセンアカシジミを守る会川西町」の相馬孝一郎会長によると、保護区では現時点で200頭ほどの成虫が羽化し、午前11時~正午と午後4時ごろの時間帯に飛び回る姿を楽しめる。チョウの姿は7月中旬まで見ることができる。

==========================================

発生時期は、例年どおりのようですね。川西町の保護区はまだ訪ねたことがありません。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-21 23:08 | シジミチョウ科