タグ:ミヤマシジミ ( 3 ) タグの人気記事

ミヤマシジミ乱舞 例年より早く一斉羽化

(2015/06/02 長野日報)

==========================================
駒ケ根市中沢永見山の住民が保護に取り組む絶滅危惧種のチョウ、ミヤマシジミが例年より1週間ほど早く羽化し、幼虫の食草コマツナギ周辺を乱舞している。自宅横で食草を増やしている北原光明さん(74)は1日までにチョウ約50頭を確認。「今年はびっくりするぐらい一斉に羽化した」と驚いている。

 北原さんによると、永見山のミヤマシジミは年3回、羽化と産卵を繰り返す。今飛んでいるのは昨秋、親が食草に生み付けた卵が越冬して今春幼虫、サナギ、成虫になった個体。昨年は6月2日に成虫を確認以降、頭数は10日ごろがピークとなったが、今年は5月26日に初確認後、既に最盛期を迎えている。

 ミヤマシジミは12年に環境省レッドリストで絶滅危惧IB類に指定された希少種。北原さんを含む地元の「ふる里再生・水車を楽しむ会」が、信大付属教育施設の自然繁殖に取り組む様子を紹介した11年の本紙記事をきっかけに保護活動を始めた。

 北原さんは「最近は写真撮影の愛好者が増えた。チョウは早朝と夕方、食草にとまってじっとしているのでシャッターチャンスかもしれません」と話していた。

http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=34333

==========================================
おっと、これは急がねば、、
伊南地区での保護活動の成果が着実に表れてますね。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2015-06-02 13:37 | シジミチョウ科

地域 : ミヤマシジミ生息地3カ所公開 伊那の守る会

(2014/10/01 長野日報)

==========================================
 全国的に生息数を減らしているミヤマシジミを伊那市内で保護する「伊那ミヤマシジミを守る会」は、同会が保護する生息地13カ所のうち3カ所を一般公開した。同会の岡村裕代表(73)=伊那市西春近=は、公開場所の一つ、西春近細ケ谷で、同市イメージキャラクターのプラスチックモデル「とことこイーナちゃん」に止まるミヤマシジミを撮影。岡村代表は「細ケ谷の生息地は近い将来、観光スポットにしてミヤマシジミを守っていきたい」とアピールする。

 上伊那のミヤマシジミ研究者や保護活動に取り組む団体で組織するミヤマシジミ研究会(会長・中村寛志信大農学部教授)は、昨年11月の発足時より1団体増えて5団体になり、保護する生息地は21カ所あるという。

 生息地は原則、非公開となっているが、同研究会は、密猟される数より保護活動によって増える数の方が多くなってきたと判断し、より多くの人にミヤマシジミを知ってもらい保護していこう―と、一部の生息地を公開した。公開場所は同市内で、細ケ谷の伊那スキーリゾート下の道路沿い、東春近の榛原河川敷公園、市営ますみケ丘霊園。

 岡村代表は「霊園の中に絶滅危惧種のチョウが舞っているのは、全国でも恐らくここだけと思う。細ケ谷は近くに多くの観光客が訪れるスポットがあり、春は桜、夏はミヤマシジミ、秋は紅葉、冬はスキーを楽しんでもらいたい」と話している。

http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=32423
==========================================
「とことこイーナちゃん」のことは知りませんでしたが、ミヤマシジミの保護活動素晴らしいです。
わが埼玉県では、残念ながら手遅れとなってしまった可能性が高いです。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2014-10-01 17:36 | シジミチョウ科

ミヤマシジミを守ろう 伊那・横山区で住民有志が観察会

(信濃毎日新聞 2011/07/31)
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_191899

==========================================

a0204701_2141710.jpg 伊那市西部の中央アルプス山麓にある横山区で30日、絶滅危惧種ミヤマシジミの観察会が開かれた。希少なチョウが身近にいることを知り、保護活動につなげようと住民有志が初めて企画。地元の子どもなど約40人が参加した。有志は年内にも「守る会」を発足させ、幼虫の食草を維持していく考えだ。

 観察会で、講師役の中村寛志・信大農学部教授(昆虫生態学)は「ミヤマシジミはコマツナギというマメ科の植物しか食べない。人が刈るので餌がなくなり、数がだんだんと減った」と説明。雨の中、参加者は田んぼの脇で目を凝らし、ミヤマシジミを追った。伊那西小4年の唐木愛果(まなか)さん(9)は「初めて見た。きれいだった」と笑顔。

 中村教授によると、横山区では田んぼ付近にミヤマシジミが生息し、人との共存を研究するのに適しているという。会場となった田んぼの所有者で、観察会開催を呼び掛けた中村新一さん(70)は「希少なチョウを再認識する機会になった。コマツナギを意識して残してほしい」と話していた。

a0204701_21425674.jpg

==========================================

ミヤマシジミもあちこちで保護活動がありますね。長野県内をして、、という気もしますが、今のうちに始まったほうがいいですね。
また、同記事の画像を長野県在住のHさんからお送りいただきました。いつもありがとうございます!!(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-31 21:38 | シジミチョウ科