タグ:北杜市 ( 7 ) タグの人気記事

慰霊式:「むしの日」前に児童らが 北杜 /山梨

(2015/06/04 毎日新聞 地方)


==========================================
6月4日の「むしの日」を前に、北杜市の学習施設「オオムラサキセンター」(同市長坂町富岡)で3日、飼育中に死んだ虫などの命を弔う慰霊式が行われた。学校でも国蝶(こくちょう)「オオムラサキ」を飼育している地元、長坂小3年の児童約60人が参列した。

 虫の生態などを学べる同施設では、3年前から市民らが飼育中に死んでしまったり、寿命を迎えたチョウやカブトムシなどの昆虫を慰霊し、敷地内の「蟲塚(むしづか)」に埋葬している。

 この日は、同市にある身曽岐神社の神職が祝詞をあげ、同校児童の代表2人が玉串をささげた。その後、代表の児童は死んだオオムラサキやカブトムシが納められた木箱を蟲塚まで運び、手を合わせていた。

 同館の跡部治賢館長は「子どもたちが虫と触れ合う機会が減った。昆虫に関心を持ち、命の大切さを学んでほしい」。代表を務めた同校の野沢千乃さん(8)は「虫は飛び回るので少し苦手だけれど、大切な命。死んでしまった虫はゆっくり休んで」と冥福を祈っていた。【藤河匠】

http://mainichi.jp/edu/news/20150604ddlk19100024000c.html
==========================================
むしに向き合うことは、おのずと命を考えることになりますね。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2015-06-04 13:47 | 博物館

変身 鮮やかに舞う

(朝日新聞 2011/07/03)
http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000001107040001

==========================================

■オオムラサキ 羽化次々に

a0204701_0495284.jpg 国蝶(ちょう)オオムラサキの羽化が、北杜市長坂町富岡の市オオムラサキセンターで始まっている。

 センターでは毎年、約500匹が成虫となるが、今年は6月26日に初めて羽化を確認。毎朝、エノキの枝に付いたサナギから10匹ほどのチョウが誕生する。羽化したばかりのオオムラサキは、閉じたままの羽を2~3時間かけて乾かしてから飛び立つ。

 青紫に白や黄の斑点があるのはオス。羽を広げると体長約10センチ。これに比べて黒っぽいメスは約12センチとやや大きい。羽化のピークはオスが7月上旬ごろ。メスは約1週間遅い。

 センターでは、羽化したばかりの様子を観察できるよう、1日から開館時間を1時間早め、午前8時にした。8月末まで。(田村隆)

==========================================

いよいよ最盛期ってことですか!?(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-03 00:48 | タテハチョウ亜科

オオムラサキ羽化が始まる

(読売新聞 2011/06/29)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20110628-OYT8T01221.htm
==========================================

a0204701_0483469.jpg北杜市長坂町富岡のオオムラサキセンターで、国蝶(ちょう)オオムラサキの羽化が始まった。サナギから成虫となり、青紫色の羽を広げて優雅に舞う姿が来場者の目を楽しませている。オオムラサキは羽を広げると10センチ以上にもなる大型のチョウ。雄が青紫色、雌が黒褐色の羽を持つ。幼虫はエノキを食べ、成虫になってからはクヌギなどの樹液を吸う。28日に羽化した雄は、午後5時頃、サナギの背に割れ目が入って頭を出すと、十数秒でサナギから抜け出して羽を乾かしていた。

 同センターによると、今年は26日に1匹目の雄の羽化を確認した。今年は昨夏の酷暑で産卵数が4割も減少し、幼虫の数は約700にとどまっている。5月に気温が上がらず、羽化は1週間ほど遅れているといい、ピークは7月上旬。羽化後の寿命が約3週間のため、7月いっぱいは美しく乱舞する姿を楽しめる。

==========================================

山梨北杜市でようよう羽化ですか。やはり今年は遅めの進みですね(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-29 00:47 | タテハチョウ亜科

オオムラサキ舞う里山に 家族連れが4千本植樹

(朝日新聞 2011/06/12)
http://mytown.asahi.com/areanews/yamanashi/TKY201106110501.html

==========================================

a0204701_1240711.jpg 荒廃が進む里山を国蝶オオムラサキが集う森に再生しようと、山梨県北杜市のNPO法人「自然とオオムラサキに親しむ会」が11日、同市長坂町渋沢の雑木林でエノキやクヌギなど約4千本の苗を植えた。

 親しむ会主催の植樹は、昨年に続き2回目。今年は地元企業社員や関東、甲信越地方から約70人が参加したJR貨物労組員の親子ら約150人が参加。アカマツの伐採後、荒廃が進んでいた民有林約10ヘクタールを借りた。エノキの葉はオオムラサキの幼虫が食べ、クヌギの樹液は成虫のえさになる。参加者は「里山再生」の思いを込め、誤って伐採されないように目印の赤いテープを巻きつけた。

 親しむ会によると、7~8年で立派なオオムラサキのすみかになる。跡部治賢会長(63)は「下草刈りなど地元の協力を得ながら、息の長い森づくりを進めていきたい」と話した。(田村隆)

==========================================

苗、4千本って数がハンパないっすね。本当かしら。
数年後がほんと楽しみです(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-12 12:38 | タテハチョウ亜科

オオムラサキ見たら写真送って 北杜市のセンターがチョウの分布調査

(山梨日日新聞 2011/06/07)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2011/06/07/10.html

==========================================

a0204701_12375050.jpg 北杜市オオムラサキセンターは本年度、八ケ岳南麓に生息する国蝶(こくちょう)オオムラサキなどのチョウの分布調査に取り組んでいる。身近で見かけたチョウの写真を撮影して、同センターに送るだけで誰でもできる市民参加型の企画。調査結果はマップにして、保護活動などに生かしていくという。

 調査を行う対象はオオムラサキのほか、アゲハチョウ、スジグロシロチョウ、モンシロチョウの4種類。個体が判別可能な写真を撮影し、撮影日や撮影場所を詳しく記入して電子メールなどで同センターに提出する。調査期間は10月30日までで、調査員として市内外から約500人の参加を目指している。

 同センターによると、県内では富士北麓地域では県環境科学研究所がチョウの生息調査を行っているが、峡北地域では行っていないため、実施することに決めた。調査結果はマップに落とし、分布地域の特定や保護活動や環境整備活動に生かすという。

 同センターでは現在、調査に参加する市民などを募集している。要望があれば、チョウ類の基礎知識や撮影方法を教える講習会も予定している。問い合わせは同センター、電話0551(32)6648。


==========================================

面白い取組みです。これからは市民参加がキーワードですね。
ところで調査の対象エリアはどこまでなんでしょう?(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-07 12:40 | タテハチョウ亜科

チョウ調査、市民も 八ケ岳南麓に「目標500人」

(朝日新聞 マイタウン山梨 2011/05/22)
http://mytown.asahi.com/areanews/yamanashi/TKY201105210574.html

a0204701_21511332.jpg国蝶(こくちょう)オオムラサキの保護活動に取り組む山梨県北杜市オオムラサキセンターが、今月から八ケ岳南麓(なんろく)に生息するチョウ類の分布調査に乗り出している。県内外の有志が協力する「市民参加型」の調査だ。センターが掲げる当面の参加目標は500人。地元の大人や子どもだけでなく、首都圏などからの参加にも期待している。

 今回の調査は、北杜市内の推定個体数や分布地域を調べ、集めたデータを保護活動やチョウ類が住み家にする里山再生の活動に生かすことが目的だ。

a0204701_21515151.jpg 調査対象のチョウ類は、同市内に約1万羽が生息しているとされ、6月から羽化が本格化するオオムラサキのほか、アゲハチョウやスジグロシロチョウ、モンシロチョウ。

 調査期間は10月末まで。参加者が市内の山林や観光地などで見かけたチョウを撮影した写真や画像データを提供する。その際、撮影の日時や場所も知らせる。

a0204701_2152239.jpg チョウ類を育んできた里山の荒廃に危機感を持っているセンターとしては、チョウになじみがない県内外の市民に参加を呼びかけることで、その意識を広く共有したいという思いがある。NPO法人「自然とオオムラサキに親しむ会」の会長も務める跡部治賢館長(62)は「週末を使って八ケ岳に遊びに来る首都圏の行楽客も大歓迎だ。気軽に参加してほしい」と話す。

 参加者の一人で、元市立甲陵高校長の清水光さん(66)=同市高根町=は「至る所でチョウが舞っていた子どものころの里山を取り戻したいと思い、調査への参加を決めた。人間同様、昆虫や植物の一つひとつに命や名前があることを再認識することができ、参加の意義は大きい」と話す。

 撮影したチョウの写真や画像データは、センターに郵送するか、電子メール(info@oomurasaki.net)で提出する。センターに直接持参しても構わない。

 センターは調査に参加する一般市民を対象に、チョウ類の生態や撮影方法を教える講習会も予定している。問い合わせは事務局(0551・32・6648)へ。(床並浩一)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-22 21:48 | タテハチョウ亜科

「魔法の3Dポストカード」が人気 北杜市オオムラサキセンターが製作

(山梨日日新聞 2011/05/10)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2011/05/10/7.html

==========================================

a0204701_2228057.jpg北杜市オオムラサキセンターが作った、国蝶(ちょう)オオムラサキなどの画像が立体的に見える「魔法の3Dポストカード」が人気を集めている。

 ポストカードは縦約20センチ、横約10センチ。オオムラサキやカブトムシなど全6種類計6千枚製作した。付属の専用レンズでのぞくと、個体が浮き出て今にも飛び立ちそうに見える。

 県内の東日本大震災被災者には便りとして使ってもらおうと無料で1枚提供しているが、申請者はまだない。担当者は「必要があれば活用してほしい」と、被災者の癒やしにつながるよう期待。


==========================================

平行法かなんかで立体視するんですかね?魔法って・・いい味なキャッチ(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-10 22:23 | 博物館