タグ:姫島村 ( 4 ) タグの人気記事

秋の再会楽しみ 姫島のアサギマダラ

(大分合同新聞 2011/06/15)
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_130810047326.html

==========================================

 姫島小学校(田本邦彦校長、86人)の6年生は14日、姫島村の「みつけ海岸」で、島に飛来する“渡りチョウ”アサギマダラの生態を調べるマーキングに挑戦した。 
 児童14人が参加。アサギマダラを守る会顧問の木野村孝一さん(64)からチョウの移動距離などについて説明を受けた後、チョウの羽に姫島で捕まえたことを示す「ヒメ」の文字などをフェルトペンで記入した。
 マークは移動距離やルートなどを分析するのに活用。参加した礒辺藍莉さん(12)は「また秋にたくさん島に飛来して、きれいな姿を見たい」と話した。


==========================================

この夏、みかけたら、マークがないか気をつけたいですね(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-15 12:45 | マダラチョウ亜科

アサギマダラ「群舞」 スナビキソウ求め、大分・姫島に

(朝日新聞 2011/06/04)
http://mytown.asahi.com/areanews/oita/SEB201106030067.html

==========================================

a0204701_21345756.jpg「渡り」で知られる大型チョウ、アサギマダラが今年も大分県の姫島に飛来、島北部のみつけ海岸にあるスナビキソウの自生地を群れて飛ぶ姿が見られる。

 アサギマダラは、日本や中国、東南アジアに生息する。羽を広げた長さは約10センチ、淡い青色の模様が特徴だ。春に涼を求めて南西諸島から東北まで北上、秋には南下する「渡り」のチョウとして知られ、移動距離は2千キロにも及ぶという。

 チョウが好むスナビキソウの数少ない自生地のあることから、姫島は代表的な中継地として知られる。毎年5月中旬から6月中旬にかけ、多い日には千羽を超すチョウが飛来。スナビキソウの白い花の蜜を吸って体力を回復させて再び北へ飛び立っていくという。

 島の有志でつくる「アサギマダラを守る会」顧問の木野村孝一さん(64)は「今年は、例年に比べて飛来時期が1週間ほど遅く、南西諸島が台風に遭った関係で飛来数も少ない」と話している。(尾立史仁)


==========================================

こりゃすごい乱舞ですな。渡りのチョウを守るというのもなかなか難しいですが、認知が高まることは喜ばしいですね(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-04 21:33 | マダラチョウ亜科

海渡り優雅な使者 姫島にアサギマダラ

(西日本新聞朝刊 2011/05/26)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/244040

==========================================
姫島村で、長距離を移動する渡りのチョウ「アサギマダラ」の飛来が始まった。月末にかけてピークを迎え、6月初旬まで飛来が続く見込みだ。

 アサギマダラは、羽を広げると約8センチにもなる大型のチョウで、あさぎ色(薄青色)のまだら模様が特徴。毎年春に台湾などから本州方面へ北上し、秋になると南下する。姫島は、チョウが好むスナビキソウの自生地が沿岸にあり、渡り途中の休息地となっている。

 毎年ピーク時には数千匹が乱舞していたが、昨年はスナビキソウの生育が悪かったことなどもあり激減した。今年は生育も良いという。同村は「今年は乱舞が見られるのでは」と期待している。

==========================================
アサギマダラ記事、、露出頻度の高さにおどろいてます。
(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-26 12:43 | マダラチョウ亜科

海の幸ペロリ 姫島かれい祭にぎわう

(大分合同新聞 2011/05/23)
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_130611042192.html

a0204701_1243884.jpg 特産の「姫島かれい」が手ごろな値段で食べられる「第12回姫島かれい祭」が22日、姫島村の姫島港フェリー広場であり、多くの家族連れなどでにぎわった。
 賞味会の前に午前10時半からカレイの稚魚放流があり、集まった子どもたちが体長3センチほどのマコガレイの稚魚約2千匹を海に放して成長を願った。
 賞味会では県内外から訪れた観光客が、刺し身、フライ、吸い物など姫島の海産物を満喫。キツネ踊りなど伝統の踊りを観賞した。
 会場から“渡りチョウ”のアサギマダラを見学する無料送迎バスも運行され、美しく舞う姿が多くの人を魅了していた。
 家族ら10人で姫島を訪れた佐伯市の吉岩優君(7)、陽(はる)ちゃん(5)は「刺し身がおいしかった。チョウチョもきれいだった」と笑顔で話した。

======================
専用のバスを仕立てて、グルメ目的のお客さんを連れてアサギマダラを見学させるというのは、イベントのひとつといえかなり驚き。
「チョウ」は観光資源足りえます!(?)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-23 12:41 | マダラチョウ亜科