タグ:安曇野市 ( 7 ) タグの人気記事

目指すは「虫ガール」 田淵行男記念館学芸員がHPに日記

(信濃毎日新聞 2011/10/15)
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_197908

==========================================

a0204701_23253591.jpg 目指すは「虫ガール」―。安曇野市豊科南穂高の田淵行男記念館の学芸員、長尾小百合さん(28)=松本市=は、館周辺に生息する虫を紹介する「9964(きゅうきゅうむし)日記」を同館ホームページに載せている。自分で見つけたチョウのさなぎや卵を写真付きで掲載。記念館勤務で虫に接する機会が増え、魅力に目覚めたといい、虫の知識を深める毎日だ。

 日記名は64(むし)、記念館の電話番号の下4桁(9964)などから付けた。田淵さんの生物学者としての側面を紹介するためにも虫に目を向けようとの企画で、9月から財津達弥副館長と2人で連載している。

 館の敷地内にあるワサビ田にはタイコウチなど水生昆虫、カラタチにはナミアゲハの幼虫が見られる。長尾さんは虫を撮影し、特徴や感想を書く。カラスアゲハのさなぎをテラス付近で見つけた時は「2本の糸でしっかりと自分の体を固定しています。落っこちないかこちらが不安になってきますがなんとか持ちこたえてほしいものです。がんばれ!」とつづった。

 長尾さんは安曇野市穂高柏原出身。小学生のころはカブトムシやトンボを捕まえたり、セミの抜け殻を集めたりしたが、都内の大学に進学して自然と触れる生活から遠ざかると、「毛虫を見ると身の毛もよだつ」ほどに。4月から同館に勤務し、虫を見る機会が増え「人間の力では生み出せないような不思議な形や色をしている」と、再び魅力に目覚めた。記念館の「こども自然観察教室『むしの会』」の活動にも参加する。

 もっといろいろな虫について書けるよう、休日は松本市のアルプス公園で日記のネタを探すという長尾さん。「虫好きの女性はきっと埋もれているはず。同年代の女性にも面白さを知ってほしい」と話す。

==========================================

いよいよ虫ガール!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
長尾さん~~。今度、ムシネタでお話しましょう。(by parnassus7)

ちなみに9964日記はこちら。(長尾さんと財津さんで、ページを分けているようです)

9964日記(N)
http://azumino-artline.net/tabuchi/diary/29964n/

9964日記(Z)
http://azumino-artline.net/tabuchi/diary/19964z/
[PR]
by parnassus7 | 2011-10-15 23:24 | 博物館

田淵行男さんのチョウ細密画発見 大半が未発表

(信州毎日新聞 2011/10/07)
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_197376

==========================================

a0204701_12523069.jpg高山チョウ研究や山岳写真で知られる田淵行男さん(1905~89年)が描いたチョウの細密画157点が、田淵さんが亡くなるまで過ごした安曇野市豊科南穂高の自宅で6日までに見つかった。大半は未発表。長男の穂高さん(78)=神奈川県座間市=は安曇野市に寄贈する意向だ。

 細密画は、県レッドデータブック留意種のクロツバメシジミやクモマベニヒカゲのほか、北海道・大雪山に生息するウスバキチョウなどを鉛筆で下書きし、水彩で着色。触角や目、脚といった細部や、卵の色が変化する様子も鮮やかだ。観察のため住んでいた安曇野市穂高牧で見つけたキノコなどもある。

 田淵行男記念館(安曇野市)によると、田淵さんは1971(昭和46)年から76年にかけチョウの成虫、さなぎ、幼虫、卵と食草を細密画で紹介する図鑑発刊を目指したが、出版できなかった。大半を飼育し、60種類ほど描いたとみられ、見つかったのはその作品群。田淵さんの著書目録を作るため、穂高さんや関係者が自宅を調べた8月中旬、押し入れ戸棚から見つけた。油紙に包まれ、表面に「蝶(ちょう)写生図 ◎入用」と記されていた。

 同館はこれまで、細密画203点を収蔵。財津達弥副館長(42)は「田淵さんは『写蝶(チョウを細密に描くこと)は新しい観賞の開発と蝶界への新しいルートの模索』と本に書いている。研究者としての一面がよく分かる資料」としている。来年度の企画展開催も検討するという。


==========================================

これはうれしいニュースです!手前のウスバキチョウの大画なども美しいですね。
企画展、ほんと楽しみにしてます。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-10-07 12:48 | 書籍・文献

オオルリシジミ違法採取か 安曇野で2人が幼虫の食草切り取る

(信濃毎日新聞 2011/07/07)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110708/KT110707FTI090012000.html

==========================================

 環境省と県が絶滅危惧種に指定したチョウ「オオルリシジミ」が生息する安曇野市内の国有地で6月、男性2人がオオルリシジミの幼虫が食べる植物クララを切り取っているところを近くの男性(35)が見つけ、7日までに国や県、安曇野署に通報した。関係者らは、2人がクララごと幼虫を採取していた可能性が高いとみている。

 県希少野生動植物保護条例はオオルリシジミの無許可採取を禁じており、違反した場合は30万円以下の罰金。

 男性が2人を見つけたのは、6月26日午前11時ごろ。国有地の草むらにいたところを呼び止め、「オオルリシジミを捕っているのか」と聞いたところ、2人は「(希少種ではない)ルリシジミだ」と答えたという。男性が「警察に通報する」と言うと、2人は「それは勘弁してほしい」と言い、尾張小牧ナンバーの車で走り去った。

 男性は走り去る前に2人の了解を得て車の荷室を撮影。クララとみられる草や虫かごなどが写っていた。県自然保護課は「状況からしてオオルリシジミの違法採取としか考えられない」と話している。

 オオルリシジミは、本州では安曇野、東御、飯山市でしか確認されていない。安曇野市では、有志の保護対策会議が県条例に基づく保護回復事業計画の認定を受けて繁殖に取り組み、今春、自然羽化が確認されたばかりだ。

 6月29日にクララ20本ほどが鋭利な刃物で切り取られた跡を確認したという同会議代表の那須野雅好さん(51)は「これまでも何度か被害に遭ってきた。大変残念だ」とし、国有地管理の担当者は「どういう対応が可能なのか検討したい」と話している。
a0204701_143595.jpg

==========================================

とうとう悲しい報道を紹介することになってしまいました。
ムシ屋にも色々いますが、なんとも恥ずかしい輩です。管理人も偉そうなことは言えないけどさ。
記事の画像は、長野県在住のHさんから情報提供いただきました。いつもありがとうございます。
尾張小牧ナンバー荷台の生々しい画像が掲載されています。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-07-08 00:56 | シジミチョウ科

幻のチョウ、オオルリシジミが乱舞 長野・安曇野の公園

(朝日新聞 2011/06/14)
http://mytown.asahi.com/areanews/nagano/TKY201106130267.html

==========================================

a0204701_2358019.jpg 長野、熊本の両県でしか見られず、幻のチョウといわれる絶滅危惧種のオオルリシジミが、国営アルプスあづみの公園(長野県安曇野市)で乱舞している。

 瑠璃色の光沢のある羽を持ち、羽を広げた大きさは3~4センチ。今年は5月下旬に姿を見せた。気温が上がると活発に動き回る。

 2004年に開園した公園には、幼虫の食草「クララ」があり、以前からオオルリシジミの生息地だったという。地元には保護対策会議がつくられ、手厚く保護している。(平林敬一)

==========================================

「乱舞」の報道のタイミングとしては、ちょっと遅い気がするんですけど・・蛹を出しなおした?(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-14 23:59 | シジミチョウ科

オオルリシジミの自然発生確認 安曇野の保護区域

(信濃毎日新聞 2011/06/01)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110601/KT110531FTI090032000.html

==========================================

国内では九州・阿蘇山系と長野県内だけに分布する絶滅危惧種のチョウ「オオルリシジミ」の保護、繁殖に取り組む安曇野オオルリシジミ保護対策会議は31日、安曇野市内に設けた保護区域でオオルリシジミが自然発生した、と明らかにした。人工飼育して周辺に放したサナギからみて、子の世代に当たるチョウが飛んでいるという。天敵となるメアカタマゴバチを野焼きで駆除した成果で、自然状態で卵からサナギになる確率が飛躍的に向上したという。

 保護区域は同市の国営公園内にあり、同市内で既に知られているオオルリシジミ生息地の近く。オオルリシジミの幼虫の食草クララが自生しており、これまで春に人工飼育したサナギを放し、翌春自然発生させようと試みてきたが、サナギになる前にほぼ死滅していたという。

 信大農学部(上伊那郡南箕輪村)の中村寛志教授(昆虫生態学)に調査を依頼した結果、最大の原因はオオルリシジミの卵に寄生する体長0・5ミリほどのメアカタマゴバチと分かった。野焼きが有効と分かったため、2009年春から試験実施。今春の自然発生に結び付いた。現在は、昨夏から土中で眠っていたサナギから羽化した数十匹が飛んでいる。

 同会議によると、今回の保護区域はかつてオオルリシジミが生息していた場所で、野焼きや草刈りで里山の環境を取り戻したことが再び発生した理由とみている。同会議代表の那須野雅好さん(51)は「保護区域だけでなく、里山の保全も進めることが大切ではないか」と話している。

 県内で知られているオオルリシジミの生息地は、安曇野市と東御市、飯山市の3カ所。

==========================================

やりましたね!いよいよ安曇野の保護地でも自然発生です。メアカタマゴバチ、ノー!!野焼きバンザイ!
ダイオキシンなんて言ってないで、どんどんやるべき。それが里山と人との長いつきあいの形だったのだから(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-01 21:14 | シジミチョウ科

目を奪う「幻」の舞 安曇野でオオルリシジミ羽化

(中日新聞 2011/05/27)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20110527/CK2011052702000115.html

==========================================

a0204701_1230722.jpg絶滅危惧種に指定され「幻のチョウ」とも呼ばれるオオルリシジミが、安曇野市の国営アルプスあづみの公園で愛らしい姿を見せ始めた。公園内の水辺で瑠璃色の美しい羽をひらめかせ、来園者の目を奪っている。

 オオルリシジミは、本州では同市など県内のごく一部でしか生息していない。公園では希少種を身近に見られる環境を守ろうと人工羽化に取り組んでおり、今月5日に子どもたちを招いてサナギ200匹を放していた。

 職員が20日ごろに初めて羽化を確認。26日朝には、10匹ほどが草木で羽を休めたり、幼虫の食草となるクララの周りをひらひらと飛んだりしていた。

 横浜市から訪れた男性(67)は「はるばる見に来て良かった」と喜んでいた。公園によると、6月上旬まで楽しめるという。 (安藤孝憲)

==========================================

当地は、自然発生にまでなかなかいかないようですね。今年こそ!(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-27 12:31 | シジミチョウ科

安曇野、水辺舞うオオルリシジミ

長野県在住のHさんから下記の記事の画像をいただき全文を読むことができました。

(信濃毎日新聞 2011/05/26)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110526/a-6.htm

==========================================
安曇野市の国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で25日朝、羽化したオオルリシジミが水辺を飛んでいる姿が確認された。オオルリシジミは環境省指定の絶滅危惧種。同公園は人工羽化に取り組んでおり、5日に園内の池周辺に置いた200個のサナギが羽化したとみられる。
a0204701_2256117.jpg


==========================================

200個もの人工飼育の蛹を羽化させてるんですか・・(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-26 22:52 | シジミチョウ科