タグ:陸前高田市 ( 4 ) タグの人気記事

被災昆虫標本を修復

(読売新聞 2011/06/26)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20110626-OYT8T00104.htm
==========================================

陸前高田の409点、汚れ除去

a0204701_12455741.jpg昆虫標本を修復する中村准教授(弘前大学白神自然環境研究所で)  東日本大震災の津波で岩手県陸前高田市立博物館の昆虫標本は、泥まみれになった。岩手県教委が「元に戻したい」と全国各地に依頼していることを知った弘前大学白神自然環境研究所(弘前市)の准教授、中村剛之さん(44)(昆虫分類学)。学芸員時代の標本管理を思い出し、「被災地の貴重な財産だ」と無償で修復を引き受けた。一点ずつ汚れをピンセットで取り除く緻密な作業。こつこつと指を動かしている。

 (佐藤純)

 陸前高田市教委によると、3月11日の大震災で、市立博物館は2階建てのほぼ全体が津波にのまれ、6人の職員全員が死亡・行方不明となった。保存している昆虫標本は約3万点。流失は免れたが、泥や海水の塩がこびりつき、カビが生えた標本も少なくない。

 岩手県教委は、早期に修復しないと損傷が進み、標本として使えなくなると判断。県単独で元に戻すのは長期間かかるとして、全国各地の博物館などに復元に協力してほしいと呼びかけた。その結果、弘前大学と青森県立郷土館(青森市)の県内2か所を含む全国20施設で修復されることになった。

 中村さんによると、弘前大学には今月13日、陸前高田市で1990年代以降に採取されたチョウやトンボ、ガの標本計409点が送られてきた。チョウのクロシジミやヒメシロチョウなど、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種となっている昆虫の標本もある。

 99年から2010年まで栃木県立博物館で学芸員を務めた中村さん。大事な仕事の一つが昆虫標本の管理だった。標本は地域の生態系を示すもので、自然保護に必要な貴重な資料。中村さんも入会している昆虫担当学芸員協議会からのメールで、岩手県教委が標本の復元に協力してくれる専門家を探していることを知り、「標本が元に戻れば地元の学芸員の励みにもなるはず」と快諾した。

 研究室に一人こもって、中性洗剤の入れた水を容器に入れ、そこに標本を浸す。顕微鏡をのぞきながら、チョウはピンセットや筆で少しずつ汚れを取り除き、自然乾燥させる。ちぎれた羽はのりで慎重にくっつけ、一点あたりの復元に平均30分ほどかけて、これまで二十数点を修復した。

 チョウは水に浮きやすく、羽の毛は粉のように取れやすい。さらに、そのまま水に浸すと、羽が丸まってしまうため、自費で購入したプラスチック製のケースを土台に、あらかじめ羽を広げて固定するなど、工夫している。

 1年の期限で標本を預かった中村さんは「陸前高田市を記録する大切な資料。すべての標本を丁寧に修復し、後世に残したい」と話している。

(2011年6月26日 読売新聞)

==========================================

災害にあうも、標本は残される。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-26 12:44 | 博物館

「遺品」の被災昆虫標本 伊丹で修復作業

(神戸新聞 2011/06/22)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004195641.shtml
==========================================

a0204701_12532222.jpg 東日本大震災で津波に襲われ、泥まみれになった岩手県陸前高田市立博物館の昆虫標本をよみがえらせようと、伊丹市昆虫館がその修復作業を担っている。宮城県内の実家が津波被害に遭った川西市の昆虫愛好家、佐藤友典さん(55)も協力。同市立博物館では職員の大半が犠牲になっており、標本は「遺品」として大切に扱われている。

 陸前高田市によると、博物館は海岸から約1キロの場所にあり、2階建ての建物の2階天井まで水が来た。職員6人中5人が死亡、1人は行方不明のままとなっている。残された約250個の標本箱は、伊丹を含む全国19カ所で修復中という。

 伊丹では昆虫標本を約1カ月かけて乾燥させ、被害の軽い物をより分けた。箱には泥が入り、カビが生えた標本もあった。昆虫館によると、きれいなままの標本は、チョウ73 件やガなど計1359点中わずか244点だった。

 佐藤さんは大阪の学校教員で、大学で昆虫の分類を専攻していた。生まれ育った宮城県石巻市にある実家が津波被害に遭い、母の介護のため里帰りした。約1カ月後に自宅に戻ったとき、海水に漬かった標本箱を昆虫館で修復していると知り、協力を申し出た。

 返還は約1年後だが、泥をこすり取れば羽の粉が取れてしまうため、慎重な作業が続く。

 昆虫館の奥山清市主任学芸員は「標本を残して世を去った同業者の無念を考えると、一つも捨てるつもりはない」。佐藤さんも「博物館は故郷の近くで、責任感めいたものも感じる。標本を後世に残すため少しでも力になりたい」と話している。

(霍見真一郎)


==========================================

職員の方が大きな犠牲になられたんですね。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-22 12:55 | 博物館

陸前高田の標本、富山でも修復が進む

(インターネットミュージアム 2011//)
http://www.museum.or.jp/modules/topNews/index.php?page=article&storyid=1014
==========================================

震災で壊滅的被害を受けた岩手県陸前高田市立博物館が所蔵していた植物と昆虫標本の修復作業が、富山市科学博物館で行われている。

富山市科学博物館は、植物標本300点やハチ、ガ、チョウなど昆虫標本439点を担当。2011年6月16日(木)には植物の押し葉標本のクリーニング作業が始まった。

昆虫標本の作業はほぼ完了し、今後4~5週間かけて、植物標本のクリーニングを行う。

秋ごろに同館で展示した後、1年以内に岩手へ返送する予定。
 

==========================================

あちこちで修復が進んでます。ずいぶんたくさんの標本があったのですね(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-21 12:35 | 博物館

【東日本大震災】丁寧に、チョウ標本復元  「学芸員の技術生かす」

(産経関西 2011/06/21)
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/21/20110621-054302.php
==========================================

a0204701_12292541.jpg 東日本大震災の津波被害を受けた「岩手県陸前高田市立博物館」のチョウの標本の洗浄など復元作業を、大阪府にある「岸和田市立きしわだ自然資料館」と「貝塚市立自然遊学館」の学芸員らが手掛けている。きしわだ自然資料館の昆虫担当の学芸員、平田慎一郎さん(42)は「何かで復興に協力できればと思っていたので、学芸員としての技術が生かせてよかった」と話している。

今秋めど 岸和田・自然資料館と貝塚・自然遊学館が協力

 きしわだ自然資料館ではチョウなどの標本408点を預かり、洗浄など復元作業を進めている。羽がとれたチョウや泥が付着するなど標本には震災の“つめあと”が残る。一見被害に遭っていないように見えるきれいな標本もあるが、平田さんは「海水につかっているので、顕微鏡だと塩の結晶が見える」と説明する。

 震災直後は人命救助が優先され、博物館の収蔵品の修復などは後回しにならざるを得ない。学芸員らでつくる「西日本自然史系博物館ネットワーク」を通じて岩手県立博物館から平田さんに復元依頼があったのは4月下旬になってから。きしわだ自然資料館に標本が到着したのは今月だ。

 ヒメキマダラセセリ、キリシマミドリシジミ、アカシジミ。東日本に生息するヒメギフチョウなど府内では見られないチョウも含まれていた。

 海水などでもろくなっているため、修復には細心の注意を払う。顕微鏡で泥や塩の付着を調べ、蒸留水、微量のアルコールなどでつくった洗浄水につけ、筆などで丁寧に払い落とし、専用の機械で乾燥させる。

 チョウは羽を広げて止める「展翅(てんし)」という方法をとるため、高い技術が必要だ。また、泥などで汚れた「ラベル」も同様の手順で復元していく。「いつ、どこで、だれが、何を採取したという情報は学術的にとても大事」と平田さん。通常の業務の合間を縫って、動物専門の学芸員らの手も借りながら今秋をめどに復元に取り組むという。

【写真説明】筆を使ってチョウの羽に付着した泥を落とす平田慎一郎さん=岸和田市

==========================================

洗浄ののち展翅しなおすんでしょうか。たいへんですね(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-21 12:31 | 博物館