タグ:飯山市 ( 7 ) タグの人気記事

オオルリシジミ、数匹確認 初の観察会に40人余参加

(信濃毎日新聞 2011/06/12)
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_187694

==========================================

a0204701_2358773.jpg 絶滅危惧(きぐ)種のチョウ「オオルリシジミ」が見つかった飯山市で11日、「北信濃の里山を保全活用する会」が初めて観察会を開いた。あいにくの雨だったが、地元周辺や松本市などから43人が参加、数匹を観察できた。

 参加者は、チョウの希少性や生態などの説明を受けた後、生息地の草地へ。雪解けが遅れ、幼虫が食べるクララの成長と成虫の発生が、例年より1週間から10日遅れ気味という。強まる雨の中で見つかるか心配されたが、ススキやスギナの葉に止まり、羽を閉じてじっと動かない成虫がいた。「さなぎから出たばかり。純粋に自然状態のものは現在ここだけ」と専門家が解説。参加者は代わる代わる写真に収めていた。

 同会は、生息地の里山保全活動への理解を参加者に呼びかけた。また、個体の数を増やしたいと飼育の仕方を説明。早速1人が名乗りを上げていた。飯山市内から来た佐々木義則さん(61)は「家の裏に似たチョウがいた。撮った写真と比べてみたい」と話していた。

 発生期を迎え、同会は生息地への立ち入り禁止の看板を6カ所設置。監視カメラなどで昼夜パトロールする。

==========================================

実は参加申込みまでしてましたが、体調不良のため不参加になりました。関係者の方お疲れ様でした。
会の活動のますますの発展とご成果をお祈りします。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-12 23:56 | シジミチョウ科

北信濃里山シンポ

長野在住のHさんからまたまた情報提供いただきました。
これは、WEBに載っていない記事のようです。Hさんいつもありがとうございます!

(信濃毎日新聞 北信ローカル3面 2011/05/27)

==========================================
a0204701_2323725.jpg


==========================================

そういえば、ギフチョウ、ヒメギフチョウとオオルリという3大スターを擁するまちですね♪(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-27 23:04 | シジミチョウ科

「幻のチョウ~オオルリシジミ観察会」のチラシ

「北信濃の里山を保全活用する会」による、6月11日に開催される「幻のチョウ~オオルリシジミ観察会」のチラシについて、情報提供をいただきました。
a0204701_21582270.jpg


Hさん、ありがとうございました!!
うーん、行きたい!!どうしよう。
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-23 22:02 | シジミチョウ科

飯山で里山を保全活用する会設立 オオルリシジミきっかけに

(信濃毎日新聞 2011/05/23)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110523/KT110522SJI090009000022.htm

 絶滅危惧種のオオルリシジミが見つかった飯山市は22日、「北信濃里山シンポジウム~本州から消えたチョウ・飯山で再発見~」を市公民館で開き、「北信濃の里山を保全活用する会」を設立した。地元市民や県内外からチョウ愛好家、研究者ら120人余が参加、早速25人が会員登録した。初めての活動として、チョウ発生期の来月、「幻のチョウ~オオルリシジミ観察会」を開く予定だ。

 会長の井田秀行・信大教育学部准教授が基調講演、北信濃の四季を通した里山の魅力を紹介した。事例報告では、同市内の国天然記念物「黒岩山」保全協議会事務局の田村〓城さんが「悪化した環境保全を回復、長く続けるには助成金も必要」。信大農学部の中村寛志教授は安曇野市での研究を解説しながら「オオルリシジミは世界的な絶滅危惧種」とし、地域と研究者、行政がスクラムを組むことが大切と力説した。

 パネル討論では、今回発見されたオオルリシジミをシンボルに経済活動にまで及ぶ里山の保全や活用を語った。失われた草原の回復がキーポイントとされ、「新幹線が開通するが、飯山は都会のミニチュアの街づくりでなく、きれいなチョウが舞う素晴らしい里山にし、全国に発信していきたい」と締めくくられた。

 観察会は6月11日。午前8時半、市公民館に集合。参加費200円。事前に申し込みが必要。連絡先は同会事務局(電話0269・62・3342)。

(〓 サンズイに見)
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-23 21:59 | シジミチョウ科

飯山のオオルリシジミ守れ

(読売新聞 2011/05/23)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20110522-OYT8T00734.htm

 環境省のレッドリストで「絶滅危惧1類」(絶滅の危機に瀕(ひん)している種)に分類されているチョウ「オオルリシジミ」の生息地が飯山市で見つかり、研究者らが22日、チョウの保護団体「北信濃の里山を保全活用する会」(会長・井田秀行信大准教授)を発足させた。会員を募り、生息地の監視や生育数の確認、人工増殖などに取り組むという。

 シジミチョウ科のオオルリシジミは、瑠璃色の羽の表面に黒い縁があり、灰色の裏面に黒い斑紋とオレンジ色の模様があるのが特徴。羽を広げた全長は約4センチで、幼虫はマメ科植物「クララ」のつぼみや花を食べる。東北や中部、九州に生息していたが、土地開発や乱獲などで1970年代までに多くの地域で絶滅し、これまでは熊本県阿蘇地方と、東御市や安曇野市のみに生息するとされていた。

 飯山市では2004年、スキー場跡の草地で県職員に発見されていたが、県や市、研究者は乱獲から守るために非公表としていた。05年には、許可のない捕獲に30万円以下の罰金を科す県条例の指定希少野生動植物とされた。だが、09年頃から生息数が減り、生息地に不審者がいたという情報もあったことから、保護には地元住民の協力が欠かせないとして、今月8日に公表した。

 市などは22日、飯山市公民館でシンポジウムを開き、住民にオオルリシジミの生態を説明。市は天然記念物に指定して付近を立ち入り禁止区域にする方向で検討している。

 同会は、保護のための採取などが認められている県希少野生動植物保護条例の保護回復事業へ申請する方針。福本匡志事務局長は「飯山地域には豊かな自然が残っている。保護活動を通じて、里山全体の自然の良さを知ってもらいたい」と話した。
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-23 12:23 | シジミチョウ科

里山保存会設立へ オオルリシジミの飯山市

a0204701_0581988.jpg
(信濃毎日新聞 2011/05/18)

 飯山市は絶滅危惧種のチョウ「オオルリシジミ」の生息地が市内で見つかったことから、今月22日に「北信濃里山シンポジウム~本州から消えたチョウ・飯山で発見!」を開き、「北信濃の里山を保全活用する会」を設立する。会場で会員を募集。里山の魅力を大勢に知ってもらい、そこに生息するチョウをシンボルに具体的な保全活動を始める。

 同会は信大教育学部の井田秀行准教授を会長に、全国から会員を募る。幼虫が食べる植物クララを含めた生息地一帯の保全、パトロール、増殖などで、オオルリシジミを自然な状態で繁殖させるのが目標。天然記念物への指定を目指すほか、親子観察会を開いたり、地元小中学校や民宿の体験学習に飼育を取り入れたりしたいとしている。

 シンポジウムでは井田准教授が基調講演。ギフチョウ、ヒメギフチョウが生息する同市の国天然記念物「黒岩山」や県内にある他のオオルリシジミ生息地についての事例報告もある。

 パネル討論では、日本鱗翅(りんし)学会の田下昌志理事がコーディネーターを務め、信大農学部の中村寛志教授、県環境保全研究所の須賀丈さん、松本市山と自然博物館の丸山潔館長らが里山の素晴らしさ、活用方法などを語り合う。

 飯山市公民館で午後1時半から。入場無料。問い合わせは(電話0269・62・3342)
===========================================
(2011/05/19追記)
シンポジウムのチラシが、信州大学ページに掲載されていました。
http://certcms.shinshu-u.ac.jp/shiga/file/kitashinano.pdf

情報提供いただいたHさん、ありがとうございます。
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-18 12:54 | シジミチョウ科

絶滅危惧種「オオルリシジミ」 飯山で生息確認 県内3カ所目

信州毎日新聞Web:2011/05/09

国内では九州・阿蘇山系と長野県内だけに分布する絶滅危惧種のチョウ「オオルリシジミ」の生息地が飯山市で新たに見つかったと、同市が8日、地元説明会で明らかにした。現在も生息することが確認されたのは県内で3カ所目。同市は市天然記念物に指定する方針で、住民らに協力を求めて保護策を強化する。

 郊外の里山に開けた草地で2004年初夏、県職員が偶然見つけた。人の手は入っておらず、自然状態のままの生息地は極めて珍しいという。乱獲から守るため県や市、研究者らは公表を控えてきた。

 発見時から関わる日本鱗翅(りんし)学会の田下昌志理事(長野市)によると、オオルリシジミの生息には、草原の森林化を防ぎ、幼虫の食草クララを維持することが重要。幼虫に寄生する蜂やハエなどが増えると生息は困難で、「生物多様性の低い場所で見られる特異なチョウ」だ。

 飯山市の生息地はクララが残っているものの、森林化の兆しが出始めている。市教委や地元住民などによると、08年を境に生息数が激減。09年から10年にかけて不審な車両や人物も目撃された。昨シーズンは産卵可能な成熟チョウが確認できなかったといい、田下理事は「捕られている可能性がある」としている。
[PR]
by parnassus7 | 2011-05-09 23:56 | シジミチョウ科