<< 四季のチョウ美しく、相模の蝶を... 本山小「緑の少年隊」アサギマダ... >>

「遺品」の被災昆虫標本 伊丹で修復作業

(神戸新聞 2011/06/22)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004195641.shtml
==========================================

a0204701_12532222.jpg 東日本大震災で津波に襲われ、泥まみれになった岩手県陸前高田市立博物館の昆虫標本をよみがえらせようと、伊丹市昆虫館がその修復作業を担っている。宮城県内の実家が津波被害に遭った川西市の昆虫愛好家、佐藤友典さん(55)も協力。同市立博物館では職員の大半が犠牲になっており、標本は「遺品」として大切に扱われている。

 陸前高田市によると、博物館は海岸から約1キロの場所にあり、2階建ての建物の2階天井まで水が来た。職員6人中5人が死亡、1人は行方不明のままとなっている。残された約250個の標本箱は、伊丹を含む全国19カ所で修復中という。

 伊丹では昆虫標本を約1カ月かけて乾燥させ、被害の軽い物をより分けた。箱には泥が入り、カビが生えた標本もあった。昆虫館によると、きれいなままの標本は、チョウ73 件やガなど計1359点中わずか244点だった。

 佐藤さんは大阪の学校教員で、大学で昆虫の分類を専攻していた。生まれ育った宮城県石巻市にある実家が津波被害に遭い、母の介護のため里帰りした。約1カ月後に自宅に戻ったとき、海水に漬かった標本箱を昆虫館で修復していると知り、協力を申し出た。

 返還は約1年後だが、泥をこすり取れば羽の粉が取れてしまうため、慎重な作業が続く。

 昆虫館の奥山清市主任学芸員は「標本を残して世を去った同業者の無念を考えると、一つも捨てるつもりはない」。佐藤さんも「博物館は故郷の近くで、責任感めいたものも感じる。標本を後世に残すため少しでも力になりたい」と話している。

(霍見真一郎)


==========================================

職員の方が大きな犠牲になられたんですね。(by parnassus7)
[PR]
by parnassus7 | 2011-06-22 12:55 | 博物館
<< 四季のチョウ美しく、相模の蝶を... 本山小「緑の少年隊」アサギマダ... >>